茨城県水戸市河和田にある歯科医院です。
診療科目:一般歯科、予防歯科、小児歯科、審美歯科、矯正歯科、歯科口腔外科、インプラント。
中庭歯科医院

新型コロナウイルス対策について

患者様へのお知らせ(2020年7月29日)

新型コロナウイルス感染症対策の為、患者様には検温等のご協力を頂きありがとうございます。
現在の感染状況、また今後の予防対策としまして、新たに治療前のうがいのご協力を追加させて頂くことをご理解ご協力をお願い申しあげます。

スタッフ指導の元、うがい (ネオステリングリーン数滴入れてご使用ください)をお願い致します。
ネオステリングリーン0.2%の主成分はコロナウィルスを不活性化す薬効薬理が確認されております。
通常、当院では外科処置後の含嗽剤として処方しております。
主成分であるベンゼトニウム塩化物は、陽イオン界面活性剤で、芽胞のない細菌、真菌類に広く抗菌力を持ち、低濃度で殺菌効果を示し毒性も低いことが特徴です。
*当院の院内感染予防の取り組みと致しましては、多くの情報を慎重に精査し、最善の予防体制を整えております。

現在、来院患者様の予約時間の調整、殺菌・滅菌済みの器具、診察用ユニットまわりの消毒、待合室のソファーの消毒に加えて空間内の常時換気、空気清浄機の設置を徹底しております。 今後とも患者様とそのご家族、クリニックスタッフの安全を第一優先した歯科医療の提供を行って参ります。

院長

患者様へのお知らせ(2020年5月22日)

新型コロナウイルス感染の影響により、マスク・手袋・フェイスガード・消毒滅菌類の医療設備の不足が懸念されている報道がされておりますが、当医院では早い段階で予測対応していた為、それらの心配はなく診察に従事しております。
空調換気につきましても24時間体制で行っております。
また、待合室・各ユニット毎に高純度安定型弱次亜塩素酸水にて継続的に消毒を行っております。

患者様へのお願い

新型コロナウイルスの感染予防のため、当医院ではスタッフ全員に検温を実施しております。
来院される患者様にも、受診前の検温実施・状況によっては酸素飽和濃度の計測実施をお願いすることを方針として決定させて頂きました。
37.5度以上の発熱・咳の症状・息苦しさが認められる患者様は、相談の上、治療の予約を延期して頂く場合があります。
何卒、ご理解ご協力の程を宜しくお願い申し上げます。

微酸性次亜塩素酸について

当クリニックでは、院内感染予防対策のため空間除菌用途に微酸性次亜塩素酸を取り扱っております。
厚生労働省が定める次亜塩素酸水とは、殺菌科の一種であり、食塩水(塩化ナトリウム水溶液)や塩酸(いわゆる酸)を電気分解する事により作られる「次亜塩素酸」を主成分とする水溶液の事を示します。
厳密には電気分解での製法やpH値・有効塩素濃度が厚生労働省により定められており、その違いにより強酸性・弱酸性・微酸性の次亜塩素酸水に分けられます。
※漂白剤として有名な「次亜塩素酸ナトリウム(アルカリ性)」とは違い「次亜塩素酸水」は酸性であり、食品添加物として厚生労働省により認可されておりその安全性が検証されております。

トクヤマ デントジアについて

高純度安定型の弱酸性次亜塩素酸水です。院内環境の衛生対策に。

●幅広い菌やウイルスに対応

広域スペクトルの消毒剤に匹敵する幅広い菌やウイルスに対応します。

●最短10秒で素早く作用

微生物の内側に素早く侵入し無力化する次亜塩素酸の力で、短時間の処理が可能です。※使用濃度によって作用時間は異なります。

●幅広い用途の除菌・消臭に使用可能

対象物に合わせて希釈することで、幅広い用途に使用可能です。

●人にやさしい成分

手に触れても問題のない弱酸性の成分でできているので、保護メガネやゴム手袋の着用は不要です。

●歯科医療機関向けの品質を提供

純度が高く、安定した品質の次亜塩素酸水です。比較的長期(製造から1年)に保存が可能です。

用途

●希釈倍率10倍で

・次亜塩素酸水対応噴霧器で空間除菌

●希釈倍率5倍で

・ユニットまわりの除菌
・キャビネットの除菌
・待合室のソファやテーブルの除菌
・保護メガネの除菌
・歯ブラシやTBI時のツールの除菌
・マウスガードやホワイトニングトレーの除菌
・スパチュラやツール類の除菌
・トイレの除菌、消臭
・往診時のツール類の除菌
・スリッパの除菌、消臭
・タオルや布類の除菌、消臭
・床や壁の除菌

●原液で

・吐瀉物処理時の除菌

アクリルボードの設置について

会話などによるコロナウイルス飛沫感染対策として、受付・会計窓口にアクリルボードを設置いたしました。
処方のお薬や、会計等はアクリル板下の隙間から出来るようになっております。
患者様と従業員の安全・安心を守るため、可能な限りの対策を実施していきます。